魚は必要か

そもそも猫にとって魚は本当に必要なものなのでしょうか。日本では昔から魚を与えてしまう。そのため、猫は魚が好きだというイメージが定着しています。しかし、これはもともと日本では魚が多く食べられてきたため、人間が食べているものを猫も食べるようになったというだけのことです。猫は本来砂漠でネズミを食べてきた動物です。肉食動物であり、肉の方を好みます

ただし、魚が嫌いというわけではありません。中には魚の方が好きな猫もいます。これは個体差があるでしょう。魚の味が好きだという猫もいれば、嫌いだという猫もいるのです。人間に好き嫌いがあるように、猫にとっても好き嫌いがあります。

魚入りキャットフードまた、魚に含まれている栄養素の中には必須アミノ酸DHAといったものがあります。これらは魚から豊富に得ることができて、猫の健康維持にとても役立つため、魚をエサとして与える意味はあるでしょう。ただし、生魚をそのまま与えることはさまざまなリスクがあるためやめるべきでしょう。

キャットフードの中には魚が含まれているものがたくさんあります。そちらを利用することによって、猫に効率よく魚を与えることができるでしょう。猫の喜んでくれる味のする魚の入ったキャットフードがあります。