フード選び

可愛い猫キャットフード選びに悩んでしまう方はたくさんいるでしょう。その際には穀物不使用のものを選択すると良いでしょう。グレインフリーとされているもので、その中には穀物が含まれていません。そのため、穀物によるリスクを回避することができます。穀物が含まれていないと食物繊維が不足してしまうのですが、それを補うためにサツマイモや豆などが使用されているものが売られています。これならば消化に優しくて、腸をキレイにしてくれます。栄養も豊富に含まれているため、安心して猫に与えることができるでしょう。

もしミートと記載されている場合は気をつけましょう。家禽ミールやミートミールと書かれている場合は、人間であれば絶対に食べないような部位が含まれています。これらは安く仕入れることができるため原材料として用いられるのですが、猫にとって良いとは限りません。単に安売りするためにそのような悪い原材料を用いているケースがあるのです。どのような肉が含まれているのかきちんと確認しましょう。

その他には添加物が含まれているものは基本的に避けた方が良いでしょう。それはコストを下げるために使われているのであり、猫の健康に害する可能性が高いからです。以上の点に気をつけながらキャットフードを選びましょう。

穀物不使用とは

キャットフードには穀物が含まれていることがあります。それでは穀物というのは猫に与えても良いものなのでしょうか。穀物の中には小麦や大麦、玄米、米といったものがあります。それではどうしてキャットフードに穀物が含まれているのでしょうか。これは食物繊維を補うために存在しています。食物繊維を摂取すると、それによって腸内環境はどんどん改善されていくのです。これによって便秘を防ぐことができます。スムーズに便を排出できるようになるのです。

猫の餌ただし、猫のことを何も考えずにただキャットフードに穀物が含まれているケースもあります。このようなキャットフードには要注意です。穀物をたくさん含めることによってコストを下げることができます。ただ安く提供することを目的として穀物をたくさん使っているケースもあるのです。このようなフードは当然猫の健康のことは考えていないため、使用するのを避けるべきでしょう。

また、猫というのは元来穀物を食べるような体になっていません。肉食動物であり、穀物を食べなくても生きていけるのです。アレルギーになってしまう可能性もあります。太りやすくなるというデメリットもあります。そのため穀物不使用キャットフードを選択するという方もいるのです。

魚は必要か

そもそも猫にとって魚は本当に必要なものなのでしょうか。日本では昔から魚を与えてしまう。そのため、猫は魚が好きだというイメージが定着しています。しかし、これはもともと日本では魚が多く食べられてきたため、人間が食べているものを猫も食べるようになったというだけのことです。猫は本来砂漠でネズミを食べてきた動物です。肉食動物であり、肉の方を好みます

ただし、魚が嫌いというわけではありません。中には魚の方が好きな猫もいます。これは個体差があるでしょう。魚の味が好きだという猫もいれば、嫌いだという猫もいるのです。人間に好き嫌いがあるように、猫にとっても好き嫌いがあります。

魚入りキャットフードまた、魚に含まれている栄養素の中には必須アミノ酸DHAといったものがあります。これらは魚から豊富に得ることができて、猫の健康維持にとても役立つため、魚をエサとして与える意味はあるでしょう。ただし、生魚をそのまま与えることはさまざまなリスクがあるためやめるべきでしょう。

キャットフードの中には魚が含まれているものがたくさんあります。そちらを利用することによって、猫に効率よく魚を与えることができるでしょう。猫の喜んでくれる味のする魚の入ったキャットフードがあります。